一般家庭で行う印刷よりもやはり印刷会社のほうが質が良い

代行サービスを利用する前に知っておきたいこと

年賀状を送ろう

写真印刷はハガキを間違えないように

年賀状は、一年間お世話になった方々へ送付する、新年の挨拶状として非常に重要な役割を果たしています。 昔は、年賀状と言えば、手紙のようにメッセージだけを書いて送付していました。しかし、近年の年賀状は、写真や干支の絵を入れる等、様々な趣向を凝らした物が存在します。 最近では、自宅で写真印刷をして送付される方が、増えています。特に、家庭を持たれた方に多く、子供の写真や家族写真を印刷して送付する方が多いようです。 写真を印刷する際に、注意したいのが、購入する年賀はがきです。 年賀はがきには、普通紙とインクジェット紙、インクジェット写真用とあります。 言葉の通り、写真を印刷するのであれば、インクジェット写真用を使用する事です。インクジェット紙でも悪くはありませんが、インクのノリが全然違いますので、年賀はがきを購入する際には、間違えないように購入する事が大切です。

年賀状を扱う業者が増加しています

最近は、インターネットで年賀状のデザインを購入する事ができるようになりました。デザインも豊富で、気に入ったデザインがあれば、ダウンロードする事が出来ます。また、無償で提供しているサイトも存在しますので、自宅で印刷をされる方には非常にお勧めです。 また、印刷の代行を行ってくれるサイトもあります。デザインや印刷もクオリティーが高くプロ仕様なので、年賀状の他に結婚後の挨拶状に使用されたりする事も多いです。 最近では、プリントされた年賀はがきをコンビニエンスストアで扱ったりする等、年賀状を扱う業者も多く存在するようになり、非常に便利な世の中になりました。 このように、年賀はがきを販売する事も、一種の営業手法と言えるでしょう。 今後もこのような業者が増加し、更に便利になる事は間違いありません。

↑ PAGE TOP