一般家庭で行う印刷よりもやはり印刷会社のほうが質が良い

代行サービスを利用する前に知っておきたいこと

冊子の印刷方法

冊子の印刷

ちょっとしたカタログなどの冊子印刷については、ある程度大きな印刷会社に依頼することで簡単に作成することが可能です。 この際に注意するべき事としては、冊子印刷は印刷業者に、その冊子製本は別の業者にと分けてしまうと、コストがかさんでしまいます。 こうしたコストの発生を防ぐためには、冊子の印刷から発送までを一元的に行える業者に委託することが重要です。大型の輪転機などを有する印刷業者などに発注するなどの工夫が必要となりますし、今までの実績を見込んで依頼することも必要となってきます。 印刷から発送まで最初にデータを渡しておけば、すべて実行してくれる業者が存在していますので、まずは実績ある業者に相談してみることも重要となるでしょう。

目的に合った冊子を印刷する

冊子を印刷する際に重要なことは、どのような目的があるかを明確にすることです。アルバイト情報誌と美術館で配られる冊子の質は自ずと変わってきます。 まず印刷時にはオフセット印刷かオンデマンド印刷かの選択が重要です。基本的にはオフセット印刷の方が刷られた画像の質は高いですが、印刷に時間を要することもあり注意が必要です。逆に週刊誌など画像の質より情報量とネタの新鮮さを重視する冊子なら、短期納品も可能なオンデマンド印刷の方が向いています。 次に重要なことは紙の選択です。グラム数が重い紙ほど実際触ってみると高級感があり、また、分厚いので裏のページの画像が表に透けて見えません。クオリティーが要求される冊子を印刷する際に、透けは考慮に入れるべき要素です。 印刷会社に行くと使われる紙を実際に見せてくれます。また、オンラインで展開する会社では、見本帳を送ってくれるところもあるので問い合わせてみましょう。

↑ PAGE TOP