一般家庭で行う印刷よりもやはり印刷会社のほうが質が良い

代行サービスを利用する前に知っておきたいこと

喪中はがきの注意点

これからの喪中印刷とは

身内に不幸が合った場合には、喪中はがきを作成することが必要になってきます。現在では、各家庭にパソコンが普及しているため、自宅でも簡単に喪中印刷を行うことが出来るようになっています。しかし、いくら自宅で喪中印刷が簡単に出来ると言っても、印刷に手間が掛ることには変わりがありません。お付き合いの多い方ほど、印刷枚数は多くなって大変です。 現在では、喪中印刷がインターネットを利用して行うことが普及し始めています。必要な内容を登録するだけで、簡単に喪中はがきが作成できるのです。インターネットがどんどん便利になっているため、これからはこのようなサービスを利用して、喪中印刷をする方が増えていくことが予想されます。

喪中はがきの注意点とは

喪中はがきを作成するには、注意点があります。それは、投函時期です。喪中はがきを投函するのは、十月下旬から十二月中旬です。先方が年賀状の準備を始める前に投函する必要があります。また、投函が遅れる場合には無理に投函せず、年始に松の内があけてから寒中見舞いを投函することが一般的です。 また、文面で気を付けることもあります。それは、誰が亡くなったかを記すことです。喪中印刷を行う場合には、これらの点に注意する必要があります。 喪中はがきを作成することは、パソコンやインターネットの発達で容易になってきましたが、きちんとマナーを守ることが大切です。このようなことのマナーは、なかなか難しいものですが、マナーを学ぶ良い機会と捉える必要があります。

↑ PAGE TOP