一般家庭で行う印刷よりもやはり印刷会社のほうが質が良い

代行サービスを利用する前に知っておきたいこと

便利なサービス

セルフスキャンサービスとは

一般的にスキャンサービスは大別して2種類の分類される。 一つは、セルフサービスでスキャンする作業をやってもらい、機器貸し出しの費用を徴収するもの。 もう一つは、顧客の代わりにスキャンを取る作業を代行、手間賃などの費用を徴収するもの。 まず、セルフスキャンサービスが一般的に知られているのは、コンビニであろう。 2000年代以降、コンビニにデジタル複合機が導入されたのが始まりだ。 それまではアナログ複写機による白黒・カラーコピーだけのサービスだったものに、スキャンサービスも追加されることになったのである。 ユーザーは、1枚数十円程度の代金を支払って、デジタル複合機でスキャンした書類データを手持ちのUSBメモリーに格納することができる。 コンビニ以外では、レンタル事務所スペースやホテルのビジネスセンターなどでも同様のサービスが存在する。

スキャン代行サービスとは

一方でスキャン代行サービスは、企業においてペーパーレスが叫ばれた時代、これも2000年代に入ってから登場したサービスである。 企業において、書類には保存期限が定められているので、簡単に廃棄するわけにはいかない。膨大な量の書類を保管するには、保管場所の確保や空調管理など、それだけでもコストが掛かる。 スキャン代行サービスは、企業から大量の書類を預かって、人的作業、機械作業を駆使して書類イメージを電子データにしてメモリ保管するというもの。 スキャン後の書類は廃棄できるし、電子データのみを適切に管理すれば事足りるから便利かつ効率の良い書類データ管理ができるのである。 今後は、単なるイメージスキャンだけでなく、読み取ったデータをデータベースに落とし込んで更に効率の良いデータ管理ができるようなスキャンサービスが必要になってくるであろう。 実際にその様なスキャンサービスを提供する企業も登場してきているのである。

↑ PAGE TOP