一般家庭で行う印刷よりもやはり印刷会社のほうが質が良い

代行サービスを利用する前に知っておきたいこと

内容や予算面

会社案内の内容と予算

名刺やウェブサイトとともに、会社案内も会社の顔のひとつです。 はじめての取引先とのアポイント時など、会社の信頼度を高めるために必要なツールだといえるでしょう。 しかし、会社案内を作成しようと思いたったあと、決めなければいけないことはたくさんあります。 まず、会社のイメージを伝える全体のデザイン、キャッチコピーをはじめとするテキスト要素、社屋などの写真画像、取引先情報など。 次に、その内容を何ページにおさめるのか、冊子のサイズなども決める必要があります。冊子というのは、印刷の関係で基本的に4の倍数のページ数で構成されます。会社案内の作成にはそういった専門知識も必要になってくるのです。 また、冊子ではなくフォルダー形式にするなどの方法もあるでしょう。

プロに全てお任せしてしまう方法も

このように、なかなか大変な会社案内の作成ですが、もし友人知人に制作会社やデザイナー、印刷会社の方がいらっしゃれば、お願いするのもよいでしょう。 そういった方がいない場合、インターネットなどで検索して探すことになりますが、こういった制作物は金額がかなり幅広く、なかなか絞りきれない場合も多いようです。例えば追加で修正がたくさん発生したり、プロに写真撮影を依頼する必要が出て来た場合など、最初の見積もりとは金額が変わってしまうようなこともあるのです。 しかし、最近では、すべてをパッケージにして、ある程度イメージを伝えたら、一括して明瞭な金額で会社案内を作成してくれるような制作会社もあり、選択肢は増えているようです。

↑ PAGE TOP